赤門重蔵、赤門家の通販生活 番外編

都会からちょっと離れた田舎で暮らす普通の家族、赤門重蔵とその家族が通販を利用することで、家族愛に目覚め、家族の絆を取り戻していく空想の物語、こちらは番外編。思わず笑ってしまったり、何に使うの?とかレヴューが笑える商品などをご紹介します。

おっぱい おとりよせ通販 Amazon???で届いたものはこんなものだった!

「ピンポ~ン  赤門さ~ん ゆうパックです、お届け物で~す!」

 

ある晴れた日、娘の結菜と一緒にお昼寝をしていた私、玄関のチャイムの音で目が覚めると朦朧としながらも荷物を受け取りに玄関へ。今日はほかの家族はみな外出中なのでした。

 

玄関を開けるとちょっとジョニーデップに似たイケメンの若い配達員さん、メガネが似合っていて素敵♡しまったお化粧もしていないし、やばいあたしノーブラだったとちょっと前かがみになりながら内容もよく見ないまま慌てて受け取り印を押してしまいます。皆さんも気を付けてくださいね!配達員さんごめんなさい。

 

というわけで、みなさんこんにちは、赤門愛と申します。30歳バツイチで3歳の娘、結菜と田舎の実家で暮らしております。

 

ちょっとドキドキ♡しちゃったせいでのどが渇いたとコーヒーを入れてから、先ほど受け取った荷物を開けてみることにします。Amazonの小さめの箱で伝票には雑貨、即日便と書いてあります。なんか注文したっけな?まあいいや、とりあえず開けてみるかと先ほどの配達員さんの顔を思い出しながら取り出したものは

 

おっぱい!!!???


おっぱいボール(小)

 なにこれ?だれ?こんなもの注文したの?まさかおとうさん?いやだ!

 

宛名を見ると確かに私宛、パソコンを開いて購入履歴を見てみると、朝4時半注文、おっぱいボール小と確かに注文している!さすがAmazon配送が速いと感心している場合ではなく、これは誰かが私のパソコンに侵入したに違いないと途方にくれていましたらそこに娘が起き出してきて一言「ママおっぱい」

 

まさか!そうだったのか!結菜が注文したのか!

 

娘は2歳まで母乳で育てておりました。通常は1歳から2歳くらいで自然におっぱい離れをする子供が多いと聞きますが、うちの子はなかなかできずちょっと無理やり引き離したものですから祖母の久美子に甘えるようになってしまいまして、まあおばあちゃんですから孫可愛さにおっぱいを触らせて遊ばしていたわけです。しかも私と違いましてまあその大きいものですから結菜も夢中になるのは致し方ないということで

 

ところで、いつも娘のいるところでパソコンを使っていたため、いつの間にか使い方を覚えてしまったのでしょう、たまたまAmazonのサイトを開いたまま寝てしまったため「おっぱい お取り寄せ通販」と検索してしまったようです。皆さんもご注意ください!

 

さあてこいつをどうしようかと、せっかくですからAmazonで検索、レヴューをみると、ん!なんだこれ!なににつかうんだ?やばい、いや、このレヴュー笑える!

 

というわけで、この商品のレビューの一部を引用させていただきたくAmazon様宜しくお願い申し上げます。

引用元  Amazon

よろしければまいります。

①子供がおっぱい大好きなので遊びで購入しました(笑)お風呂で遊んでました。

②笑い転げて、お風呂で遊ぶオモチャになりました。おっぱいと毎日言っている息子が、おっぱい離れしてくれることを願い

③あくまでもおもちゃとして購入するとよいでしょう

④この価格でこのクオリティなら上等です。

宴会でウケてます!

とにかくおっぱいでした。

ガッカリしました。すぐ必要なため返品はしませんが、正直したいくらいです

 

いかがでしょうか?

①②は「なるほどね」

③④は「何に使うつもりなんだよ!」

⑤⑥は「うけるよね、笑えるよね!」

⑦は「すぐ必要、とは何に必要なのかおしえて!」

 

うーん、これどうしよう(笑)

 

しばらく遊ばせてみるかな(笑)

 

それではみなさんごきげんよう

 

■赤門重蔵 赤門家の通販生活 本編はこちらからどうぞ→